松山大学V.Y.S部の大学生によるレクレーション

3/31 プログラムは

松山大学V.Y.S部の大学生によるレクレーションでした。

身体を動かすゲームの他に

フェザー風ネックレス作りもしました。

紙を鳥の羽のように細かく切る作業では

「うまくできんー」

「もうこれ以上細くは無理ー」

と投げ出そうとする子どもたちを

「上手にできてるじゃん!」

「すごい!本物の羽みたいー!」と励ます大学生。

子どもたちもお姉さんたちに褒められ、

まんざらでもなさそう。

「できんー!」と言っていた子も

終わるころには「2個目作りたい」。

微笑ましい姿です。。。

お姉さんへの質問タイムでは

・大学では何の勉強をしていますか

・どの時代が好きですか

など難しい質問に大学生もタジタジです。


まちのがっこう

NPO法人ワークライフ・コラボが実施する 長期休暇(春・夏・冬)の子どもの預かり事業です。 1~6時限の学校授業形式で、 1・2時間目は自主学習(宿題)、 3・4時間目、5・6時間は 企業や団体・地域の方とコラボした 「社会教育プログラム」もしくは 「自主的な遊びによる学び」 「コミュニケーション能力を高める遊び」 などを実施。 親のハタラクと子どもの “育ち” を応援します!

0コメント

  • 1000 / 1000