パフェを作ってみよう!

8月3日(木)の社会教育プログラムは、

有限会社ラポールさんによる、

「パフェを作ってみよう!~生クリームはどうして固まるの~」

を開催!

午前中の1、2時間目の自主学習の時間には、

「もう勉強したくないー!」

「(数ページ)やったから終わり、遊ぶ」

と、遊び始めたり、ゴロゴロしたりと

マイペースな子どもたちに

担任の私と副担任の大学生のしゅんくんは

てんてこ舞いでしたが(笑)

午後のパフェづくりのラポールさんが来たとたん!

きびきびと準備にいそしむ子どもたちに笑ってしまいました~

ラポールの児玉さんより、

ラポールという会社の紹介や

ケーキが1年でよく売れるランキング、

また、なぜ生クリームが固まるのか?などの

お話をいただいたのち

お待ちかねのパフェを作りました。

また、ホールケーキが作られていく

パティシエの竹田さんの手さばきを間近で見せていただき、

ホールに生クリームをきれいにぬる体験も

させていただきました!

ケーキを作るって、こんなに重労働で大変なんだ・・・

ということを感じ取ったようです!(^^)!

今日は、小1から小6まで、まんべんなく集まっていたのですが

小6の男子が、小1の男子たちとキャッチボールをする姿は

胸を熱くするものがありました。

学年の違う子どもたちが、

工夫して遊ぶようになるようです。

小学校とも塾や習い事とも違う、新しいつながりですね。

まちのがっこう

NPO法人ワークライフ・コラボが実施する 長期休暇(春・夏・冬)の子どもの預かり事業です。 1~6時限の学校授業形式で、 1・2時間目は自主学習(宿題)、 3・4時間目、5・6時間は 企業や団体・地域の方とコラボした 「社会教育プログラム」もしくは 「自主的な遊びによる学び」 「コミュニケーション能力を高める遊び」 などを実施。 親のハタラクと子どもの “育ち” を応援します!

0コメント

  • 1000 / 1000